2008年07月14日

エミリー・ウングワレー展。

ぽっかりと休みができたのでやりたかった事いっぱいしようと、まずは見たい展示へ。
国立新美術館で28日までやっている『エミリー・ウングワレー展』に行きました。

美術やってるくせに大量の作品を見るのが苦手な私にはちょうどいい作品数だったのか、テーマがシンプルで良かったのか、点描が好きだからなのか、どデカイ作品をみると人は感動するからなのか…とてもよかったです。

私は「点」というと細胞とか源という言葉が最初に思い浮かぶ
ので、見ていると情景というより私自身がエミリー・ウングワレーの肉体の中に迷い込んだ異物の一つで、展示場を巡る事でその中を彷徨っている感覚になりました。

やっぱり作品は生で。行ける展示には行った方が良いですね。

明日から江戸東京博物館で『北京故宮 書の名宝展』が始まります。史上空前の傑作書が来るとかなんとか。書道好きな私にはもっすごい興味のある展示です。行こうかな。
posted by たいじ at 15:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102874010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。