2006年10月10日

竹中英太郎と妖しの挿し絵展。

根津の東大前にある弥生美術館で竹中英太郎展が始まりました。
甲府にある記念館に中々行ける機会が無いので喜び勇んで行ったのですが、ちょっと展示内容が少ない気がしました。そんなもんなのかな。小さな美術館だしね。

しかしどれもこれも素晴らしくてヨダレモノでしたよ。
ビアズレーやハリー・クラークに影響を受けている所も垣間見れました。私も高校時代にクラーク大好きでしたから(かなり影響受けてます)、好きだなって思う画家は繋がっているんだなぁと感じます。
前に岩田専太郎展に行って以来ですが、弥生美術館は好みの企画展が多くてイイ!たまにチェックするべき。

挿し絵画家っていいなぁ。エロ・グロ・ナンセンスをもっと。

とにかく今日は暑かったですね。
posted by たいじ at 01:19| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25169139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。